お宮参りをしない人は何割?理由も合わせてお伝えします!

「友人にお宮参りをしなかった人がいる。」
「お宮参りをしない人はどれくらい?」
このように、お考えの方は多いのではないでしょうか。
最近では、お宮参りをしない選択が増えています。
そのため、多くの方が赤ちゃんの体調や家の事情を優先しています。
しかし、参拝をしないと、お子様への影響が気になりますよね。
今回は、そんな方のために「お宮参りをしない人の割合」について詳しく解説します。

□お宮参りをしない人の割合

最近では、お宮参りへの考え方が多様になっています。
お宮参りにいかなかった人の割合は1割以上いらっしゃるようです。
旧来から続くお宮参りですが、なぜ1割以上の方は参拝しないのでしょうか。
次に、実際にお宮参りをしなかった理由を4つご紹介します。

□お宮参りをしない理由

・お宮参りをしない家庭で育ったため、馴染みがない
・宗教が異なるので、お宮参りはしない
・家庭の事情で忙しくて参拝する機会を逃した
・母子の健康状態がよろしくなかったため、参拝を見送った

以上のように、ご家庭やご信条の理由でお宮参りの必要性を感じない方、当日のスケジュールによってお宮参りを見送った方がいらっしゃいます。
特に、後者は多くの方がお宮参りに行かない理由にあげています。
生後1カ月の赤ちゃんは、免疫力が強いとはいえません。
また、お母さんも同様に産後の体調は不安定でしょう。
体調やスケジュールに余裕が出るまで延期、ないしは「お宮参りをしない」という選択は適切といえます。

□お宮参りをせず祝う方法

*ほかの行事と合わせる

お宮参りは1カ月がおおよその目安です。
しかし、必ずしも1カ月後に設定する必要はありません。
お宮参り以降には、お食い初めや初節句、七五三のように行事は続きます。
そのため、「お宮参りとお食い初め」「お宮参りと1年後の誕生日」と合わせて祝う方がいらっしゃいます。
現在はお宮参りへの考え方がフラットになっているといえるでしょう。
母子の体調や生活の事情を考慮して、適切なタイミングを見つけることが大切です。

*写真撮影で誕生を祝う

最近のお宮参りでは、「食事会のみ」や「写真撮影のみ」が一般的です。
選択肢の一つに「写真撮影のみのお宮参り」はいかがでしょうか。
お子様のご成長は目を見張る早さで進みます。
特に、誕生後の数カ月はあっという間に過ぎるでしょう。
二度とないお子様の瞬間を、写真で残してはいかがでしょうか。

□まとめ

今回はお宮参りをしない人の割合について詳しく解説しました。
お宮参りをしない人の割合を1割近くいらっしゃいます。
現在では、昔より赤ちゃんの体調を優先します。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
経験豊富なスタッフがお客様の疑問に関して全力でサポートいたします。

関連記事

  1. お宮参りの日が雨の予報!具体的な対策をお伝えします!

  2. お宮参りのとき、両親や祖父母の服装は何を着ればよいの?愛媛の…

  3. おにいちゃんですよ~♪

  4. 愛媛でフォトスタジオを探す!スタジオの手配の仕方をご紹介!

  5. 新しい家族が増えました

  6. お宮参りの仕方や当日の流れについてご紹介します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。